29歳バツイチ独身OLの結婚への軌跡

バツイチの私、もう男性はこりごりと思いながら会社員として生活をしつつも、やはり特定の男性がいなければどことなく毎日に張りがでませんし、外見も磨く必要が無いために自分がどんどんくすんで行っていました。
実生活で出会いを探そうにも、誘ってくる男性は私のタイプではない男性ばかりであり、こちらからアタックをしようにも職場には高齢の男性しかおらずにやはり社会人は男性との交際は難しいなと諦めかけていました。

人との交流が好きなので余暇はインターネットのチャットやゲームにて、色々な人物と交流をしていましたが、こちらがバツイチ女性、というだけで男性は落とせそうと思うのか誘われる事が多々ありました。
もう誰でもいいかな、と思い特に好感度が高かったインターネットの男性友達と実際に会ってみることとなったのですが、会ってみたら爽やかで一緒にいて楽しく、バツイチの経験から暗い気持ちになっていた私の心はすっかりと明るくなれました。

相手も実物の私を気に入ってくれたようでそこから交際が始まったのですが、30歳であり長男という相手、年齢が気になるのかプロポーズもしてくれました。
まさかのインターネットで第二の結婚生活が始まりそうです。

大切な人へのメッセージ