50歳既婚男性会社員の愛人契約への軌跡

私は妻と2人の子供をもつサラリーマンですが、仕事の関係で3年前から単身で東京のマンションに住んでいるのですが、最初の3ヶ月くらいは新鮮な気持ちで洗濯や掃除も楽しく出来ていたのですが、だんだんと面倒になってきまして夜も一人で寝るのが寂しくてインターネットのサイトで愛人を探そうと思い検索をしていましたら、愛人を募集できる掲示板が見つかりましたのでだめもとで用件に単身サラリーマン寂しいので愛人募集と書き込みメールアドレスを載せていましたら、1週間後くらいに一人の女性から愛人になっても良いというメールが来まして添付にその女性の写真と保険証のコピーも添付してあり安心できましたのでその愛人と契約を結ぶ事にしました。

愛人契約を結んだ翌日に私の住んでいる近くの喫茶店で待ち合わせをして私のマンションまで案内をし、合鍵を彼女に渡して次の日から週末の私の仕事が休みの日にマンションに来てもらい部屋の掃除や料理などもやってもらい夜の営みもはじまるようになりました。

こんなに簡単に愛人募集をして相手がすぐに見つかると思っていませんでしたので、とてもラッキーだったのですが、妻や子供にはもちろん内緒ですので、いつ妻や子供がマンションに訪ね来るかわかりませんので、そのときのために彼女には私の仕事の関係で度々打ち合わせに来ているというアリバイを事前に話しておき問題が起きないよう心がけています。

彼女がマンションに来てくれるようになって部屋もとても綺麗になりましたし、料理も栄養のバランスの摂れた食事が摂れる様になり毎日快適な生活を送れるようになっているのでとても感謝しているのですが、1番私が喜んでいますのが夜の営みで彼女は妻とは違いとてもプロポーションも良く感じやすい体質なのでもう毎回燃えるようなまるでAVでやるようなプレイを堪能でき体力をしっかりと使ってぐっすりと夜眠ることができますので、すっきりと朝目覚めることが出来仕事もバリバリできるようになりました。

妻や子供には申し訳ないのですが現在彼女は私にとってなくてはならない存在になっています。

29歳バツイチ独身OLの結婚への軌跡

バツイチの私、もう男性はこりごりと思いながら会社員として生活をしつつも、やはり特定の男性がいなければどことなく毎日に張りがでませんし、外見も磨く必要が無いために自分がどんどんくすんで行っていました。
実生活で出会いを探そうにも、誘ってくる男性は私のタイプではない男性ばかりであり、こちらからアタックをしようにも職場には高齢の男性しかおらずにやはり社会人は男性との交際は難しいなと諦めかけていました。

人との交流が好きなので余暇はインターネットのチャットやゲームにて、色々な人物と交流をしていましたが、こちらがバツイチ女性、というだけで男性は落とせそうと思うのか誘われる事が多々ありました。
もう誰でもいいかな、と思い特に好感度が高かったインターネットの男性友達と実際に会ってみることとなったのですが、会ってみたら爽やかで一緒にいて楽しく、バツイチの経験から暗い気持ちになっていた私の心はすっかりと明るくなれました。

相手も実物の私を気に入ってくれたようでそこから交際が始まったのですが、30歳であり長男という相手、年齢が気になるのかプロポーズもしてくれました。
まさかのインターネットで第二の結婚生活が始まりそうです。

大切な人へのメッセージ